秀徹空手道について

秀徹空手道がこだわり続けるものは
今後もずっと変わることなく
「技の威力」です。

動画で威力のある技を紹介させて頂いておりますが
秀徹空手道では、どのような稽古をするのかというと
職人が技術を円熟させていくかのように
地味な鍛錬を繰り返し、繰り返しやっていきます。

これまで重ねてきたウエイトトレーングで
ひょっとしたらすり減ってしまった身体に、改めて向き合い、
違ったアプローチで、動きを練っていきます。

基本を少し紹介しています。
基本稽古に入る前の身体作り
身体作り②胡坐・正座
威力のある突き方のキホン
突きを最短で強くする為の、重要なヒント!
仙骨を入れる?大事な注意事項

確かな再現性で、会員、個人指導、皆さん
物凄い進化を遂げています!
参考動画はこちら。
稽古会会員
空手師範
古流柔術修行者
古流柔術修行者

型・姿勢・呼吸・丹田

という
よく耳にするキーワード。

実態が曖昧で、解釈によって180度、
意味するものが別モノになるのはよくある話です。

秀徹空手道では、これらのキーワードについて
どんな武道書にも載ってないような
気づきをお伝え出来ると思います

神秘的なものではありません。
普段皆さんが意識出来ない呼吸筋やインナーマッスルを上手に活用するには、時間をかけた鍛錬が必要ですが
それが実現できてきたときには
激変する技の威力に驚かれることと思います。

組手、技の攻防も
武道の大変重要な側面ですが
そこに至る前の

武道的な身体を作る過程を
徹底的に重視する

というのが
秀徹空手道の特徴です。

コツがあるわけではなく、
動かないものを少しずつ動かしていく作業ですので
お伝えしても、すぐ理解とはならないですが
本気で没入して頂ければ、必ず再現可能です。

メインターゲットのイメージは
フルコン空手有段者、試合経験多数あり、
ウエイト散々やりました、
故障が多く体は悲鳴をあげているが
武道のロマンは忘れられない。
そういう方です。

もちろんあてはまらない方にも
ご参加頂けます。